旅行・地域

帰還

一泊二日の強行軍ではあったが、無事帰還。

今回、復路は初めて長野県から新潟県に抜けるルートで走ってみた。
117号→353号と通過した訳だが、道路自体は非常に整備されていて驚いた。かつて幼少時代に通った117号は川沿いの狭い道路だったのが立派なバイパスに。
353号も局所的にカーブ区間はあるものの総じて走りやすい。

関越自体も前橋あたりまでは交通量も少なく快適。
状況おに応じてこのルートも活用したい。

土砂降り

今日明日と一泊で長野へ。

が、今日の天候はよろしくなかった。
横浜を出る時からパラパラきていたが、天気予報どおりに途中から大雨。
特に関越走っている間は埼玉県から長野県に入るまでは土砂降り状態。
トンネルに入るとホッとした。

最近出張機会が多い坂城も今日は通過。
長野市内に入った時はポツポツ状態にまでてなっていたが、明日は何とか好天を期待したい。

帰省

今度の週末は法事のため長野帰省。
クルマでの長野入りは昨年夏以来。
今回の帰りは新潟(塩沢石打)経由のルートを使ってみるつもり。

週末

この週末は法事で長野へ。
仕事以外での長野入りは昨年の夏以来。

慌ただしいが束の間の滞在を楽しみたい。

坂城町

今日は日帰りで坂城町出張。
来月末に開催されるイベントに向けたハッカソンに参加。

都内は葉桜になりつつあったがここはちょうど満開の見頃。
長野在住時代には行ったことのない博物館/記念館も見学でき、見識が深まった。

またハッカソン(アイディアソン)はモデレータとして信州大学の先生が臣ごとな進め方。
参加された皆さんから大量のアイディアを引き出された。

来月末の本番が楽しみ。

宇宙からの贈り物?

青森県つがる市で畑の一部が陥没。空からの落下物が原因と推測されているがいまだにはっきりとした原因究明にいたっていない。
縦3メートル、横2メートル、深さは2メートル以上あり、その前に衝撃があったとの証言も。
一番可能性が高いのは隕石のようだが原因がわかるまではなんだか釈然としない。

横浜北線

一昨日開通した「横浜北線」を走ってみた。
今回開通したのは首都高速生麦~第三京浜港北インター間。

今日は子安→生麦→第三京浜港北→都筑というショートツーリング。
生麦での分岐は非常にわかりやすく、アクセス区間も長いので余裕を持って入れる。そのままのぼりつめると新横浜方面と湾岸線方面に分岐。

新横浜方面に向かうとK1横羽線の下り、K5大黒線からきた車線と合流。その後まもなく「岸谷生麦」の出口が左手に現れる。そのまま新横浜方面に向かうと約6Kmのトンネル区間に突入。ここは淡々と走る。が、かならずいる違法速度車。トンネルといえどもわりと直線区間が長いので今後交通量の増加とともにのこの手のクルマが増えそう。

トンネルの中後半に「新横浜」出口があるが今回はそのまま突っ切って第三京浜へ。今度新横浜でも降りてみたい。

かなり豪快な構造の道路を通って第三京浜のゲートへ。ここでは一般道には降りれず、第三京浜の上下線に直結。
今日は下り線で事故があったようで、下り線に入れないクルマの渋滞がゲートまでつながっていた。
第三京浜の上り線に入り、次の都筑で降りた。

非常に便利なルートで、特に東名までつながってくれると助かる。
2019年度には菊名近くの「馬場出口」が完成予定。ここができると完璧。いろいろなところに出かける際に非常に重宝しそう。

人手

今日はプライベートで横浜へ。
日曜日と言うことで駅は大変な混雑。食事をするにも一苦労。
が、少々「穴場」的な店を開拓。
今後、何かの機会に使えそう。

横浜環状北線

来月18日、横浜環状北線、通称「きたせん」が開通する。

この道路は、
第三京浜「港北」から首都高横羽線「生麦」をつなぐもの。
途中に出入り口が
3箇所(新横浜、馬場、岸谷生麦)あるので利便性が高まる。

現在都心から帰還する際には、ほとんどの場合子安で降りて北上するパターン。
しかし「きたせん」が開通すると「生麦」から分岐して「馬場」で降りると菊名が目前となる。
「馬場」は残念ながら今回は利用開始とならず、2019年度目標とのこと。これは早く実施してもらいたい。

その後「
横浜環状北西線」として東名青葉と第三京浜港北を結ぶ路線も工事中。

湯島

今夜は湯島での宴席。
湯島と言えば息子の中学受験以来。
夜間だったので湯島天神には行けなかったが、改めて時間の経過を痛感した。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ